ブリジギングリール・ラインの選び方

ブリジギングリール・ラインの選び方

ブリジギングリール・ラインの選び方

ブリジギングリールの選び方についてご紹介しています。

 

はじめに、スピニングリールがよいか、ベイトリールがよいかについてです。

 

ブリジギングでは、ジグの操作性などを考えると、スピニングリールの方が使いやすいです。

 

今まではこのような考え方が主流でしたが、最近では誘い方によってどちらかを選ぶ人が増えてきています。

 

 

それぞれが得意な誘い方は、次のとおりです。

 

スピニングリール:ワンピッチジャーク テンポよく広いレンジを探ることができる。

 

ベイトリール:スローピッチジャーク 狭いレンジをネチネチ攻めることができる。

 

 

リールを選ぶ際に、もっとも気になるのがサイズです。

 

スピニングリール

ダイワなら4000〜5000番、シマノなら8000〜10000番最適です。

 

ベイトリール

ダイワなら20〜30番、シマノなら1500〜2000番がピッタリです。

 

必要なラインを巻けるリールを選ばないといけません。

 

 

ラインには、PEを使います。

 

乗合船では、できるだけ早く上げないと迷惑がかかりますので、3〜4号を使うとよいです。

 

仕立船なら、そういったことを気にしなくてもよいので、2号でも構いません。

 

ライン切れを考慮して、300mは巻いておきたいです。

 

 

リールには、パワーギアタイプとハイギアタイプがあります。

 

大物狙いのジギングでは、やり取りが楽になるパワーギアタイプを選ぶとよいです。

 

 

ブリクラスの大型魚になると、使用するリールには高い性能が求められます。

 

特に、ドラグの性能が重要視されます。

 

高性能なドラグでないと、ブリの強烈な引きでラインを切られてしまう恐れがあるためです。

 

また、耐久性も必要です。

 

何度もジグを巻き上げて誘う釣りだけに、耐久性の劣るリールではすぐに壊れてしまいます。

 

こういったことから、安価なリールは避けた方がよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

ブリジギングリールのおすすめ

ブリジギングリールのおすすめについてご紹介しています。

 

ダイワのブリジギングリールのおすすめ

 

 

 

 

 

シマノのブリジギングリールのおすすめ

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ジギングのタチウオパターンで狙う青物仕掛けと釣り方

ホーム