ブリジギングの仕掛けとシャクリ方(釣り方)

ブリジギングの仕掛けとシャクリ方(釣り方)

ブリジギングの仕掛け

ブリジギングの仕掛けについてご紹介しています。

 

ブリは出生魚です。

 

ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ

 

地域によって、呼び方が異なります。

 

80cmを超えると、“ブリ”と言われることが多いです。

 

 

80cmを超えるサイズになると、引きは強烈です。

 

大型魚対策をしっかりしておかないと、バレてしまいます。

 

 

秋から冬にかけて、ブリはオフショアでのジギングの人気のターゲットとなります。

 

脂が乗って非常においしく、寒ブリと呼ばれます。

 

狙うのなら、この時期がおすすめです。

 

ただ、海がよく時化るので、出船できないことが多いです。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

ジギング 仕掛け

 

基本的には、ジギングの仕掛けとほとんど同じです。

 

 

ブリジギングロッドの詳細はこちらを!

 

ブリジギングリール・ラインの詳細はこちらを!

 

 

ラインがPEなら、リーダーを使います。

 

リーダーには、フロロカーボンの8〜14号がおすすめです。

 

フロロカーボンは、根ズレに強いので安心です。

 

 

ワンピッチジャークなどで狙うなら、ジグはストレートタイプ・ロングジグタイプがおすすめです。

 

もちろん、左右比対象タイプなど、他の形状がよい日もあります。

 

スローピッチジャークで狙うなら、横に大きく跳ねる専用のジグを使います。

 

 

カラーは、ブルー系やシルバー系などの定番カラーを用意しておくとよいです。

 

重さは、50〜200gぐらいを使います。

 

潮の速さや、狙う水深に応じて使い分けるとよいです。

 

 

水深が50mぐらいなら50〜70g、100m前後なら70〜150g、150m前後なら150g〜

 

あくまで目安ですが、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

おすすめのジグは次のとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリジギングのシャクリ方

ブリジギングのシャクリ方(釣り方)についてご紹介しています。

 

ジギングのシャクリ方は、たくさんあります。

 

地域や船によって、勧められるシャクリ方は異なると思います。

 

ただ、一般的によいとされるシャクリ方はあります。

 

 

スピニングリールを使った釣りでは、ワンピッチジャークロングジャークがおすすめです。

 

これらを組み合わせて誘いをかけてもよいです。

 

具体的な釣り方は、「ジギングの釣り方」を参照!

 

 

ベイトリールを使った釣りでは、スローピッチジャークがおすすめです。

 

スローピッチジャークは、ワンピッチワンジャークよりも細かくシャクッて誘います。

 

具体的な釣り方は、「スロージギングの釣り方」を参照!

 

 

先ほども言いましたように、地域や船によっても異なります。

 

まずは、勧められるシャクリ方を試すのが一番です。

 

その後、いろいろとアレンジしてみるとよいです。

 

 

ナブラが発生している時は、水面付近をフローティング系のルアーで引いてくると面白いです。

 

ナブラの向こう側にキャストして、一定の速さで巻いてくるだけで釣れます。

 

ヒットの確率が高いので、フローティング系のルアーを用意しておくとよいです。

 

 

 

 

このツインフックがおすすめです。

 

トリプルフックはかかりやすいですが、強度が少し弱いです。

 

ツインフック(2本)は、トリプルフック(3本)の重量とほぼ同じに作られているので、その分それぞれのフックが太くなっています。

 

太いということは、強度があるということです。

 

大型の青物を狙う時に、特におすすめです。

 

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ブリジギングロッドの選び方

ホーム