ヒラマサジギングの仕掛け(ライトタックル)と釣り方(アクション)

ヒラマサジギングの仕掛け(ライトタックル)と釣り方(アクション)

ヒラマサジギングのライトタックルによる仕掛け

ヒラマサジギングのライトタックルによる仕掛けについてご紹介しています。

 

ヒラマサと言えば、ものすごい勢いで引き込むジギングの人気ターゲットです。

 

実は、ヒラマサはライトタックルでも狙えるのです。

 

ライトタックルを使うということは、当然使用するラインも細くなります。

 

ロッドとラインは、常に比例関係にあります。

 

バレるのではというヒヤヒヤ感が、さらに釣りを楽しくしてくれます。

 

もちろん、一般的に使われるロッドで釣っても構いません。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

ヒラマサジギング 仕掛け

 

 

ヒラマサジギングロッドの詳細はこちらを!

 

ヒラマサジギングリール・ラインの詳細はこちらを!

 

 

ラインには根ズレに弱いPEを使うので、リーダーをセットします。

 

リーダーには、ナイロンの8号以上(5〜10m)がおすすめです。

 

狙うヒラマサの大きさなどによって変わります。

 

スポンサーリンク

 

 

メタルジグは、ストレートタイプ・ロングジグタイプなどがおすすめです。

 

形状によって、ジグの動きが異なります。

 

カラーも、その日によってどれがよいのかわかりません。

 

重さは、70〜300gぐらいです。

 

特に、150〜200gぐらいがよく使われます。

 

釣りに行く場所や潮の速さなどによってかなり変わります。

 

いろいろなジグを用意しておきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒラマサジギングの釣り方(アクション)

ヒラマサジギングの釣り方(アクション)についてご紹介しています。

 

まず、メタルジグを底まで沈めます。

 

着底後、すぐにアクションをつけて巻き上げ始めます。

 

すぐに巻き上げないと、根がかりの原因になります。

 

ヒラマサ ジギング

 

 

基本的な誘い方は、ワンピッチジャークです。

 

ロッドを1回シャクる間に、リールを1回転巻きます。

 

これを連続で行います。

 

そうすると、ジグが逃げる小魚のような動きになります。

 

ジグは、形状によって動きが異なります。

 

 

当たりがなければ、シャクリの速さや幅、巻く速さを変えてみるとよいです。

 

よい反応が出るパターンを見つけます。

 

 

底から中層までを攻めます。

 

どのレンジを誘うのかは、船長の指示に従います。

 

 

当たりがあれば、即合わせします。

 

事前に、きちんとドラグ調整を行っていれば、少々強引に巻き上げても大丈夫です。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ヒラマサジギングのロッド(タックル)の選び方とおすすめ

ホーム