ヒラメ釣りのサーフ仕掛け【ヒラメジギング】

ヒラメ釣りのサーフ仕掛け【ヒラメジギング】

ヒラメ釣りのサーフ仕掛け(ヒラメジギング)についてご紹介しています。

 

底にいるヒラメをサーフのジギングで釣ることができるのか、と疑問に感じる人がいるかもしれません。

 

ヒラメは底に張り付いているというイメージが強いかもしれませんが、エサを求めて底から浮き上がることが多いです。

 

そのため、ジギングでも十分食わせることができます。

 

キャストして斜めに引いたり、リフト&フォールなどで誘えば、サーフでもジギングは可能です。

 

 

釣り始めに、できるだけ短時間で広く探るのに適しています。

 

メタルジグは比較的重いので遠投が可能で、沈むのも速いためです。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="4923844263"
data-ad-format="link">

 

 

仕掛けについては、次のとおりです。

 

マゴチ釣りも同じ仕掛けでOKです。

 

ヒラメ釣りのサーフ仕掛け

 

 

ロッドについては、サーフのヒラメ釣りに対応したロッドがおすすめです。

 

ヒラメジギングロッドの詳細はこちらを!

 

 

リールは、キャストするので、スピニングリールを使います。

 

サイズは、3000〜4000番が適しています。

 

小さいと、非常に使いにくくて疲れてしまいます。

 

 

 

 

ラインは、PEの0.8〜1号を巻いておきます。

 

リーダーは、ナイロンまたはフロロカーボンの4〜6号を1.5〜2mセットしておけばよいです。

 

 

メタルジグの重さは、20〜60gです。

 

その日の海の状況などによって変わることがあります。

 

 

 

 

 

 

ここまではヒラメジギングの仕掛けについて解説してきましたが、マゴチジギングも基本的には同じです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ヒラメ釣りのサーフで使うロッドのおすすめ

ホーム