ヒラメ釣りのサーフでの釣り方【ヒラメジギング】

ヒラメ釣りのサーフでの釣り方【ヒラメジギング】

ヒラメジギングのサーフでの釣り方についてご紹介しています。

 

マゴチ釣りも、ほとんど同じ釣り方でOKです。

 

 

サーフで狙うべきポイントは、次のとおりです。

 

  • 離岸流(打ち寄せた波が沖に帰っていく流れ)
  • 河川の流れ込み
  • カケアガリ
  • 潮目
  • スリット(潮の流れなどによる周りよりも深く掘れたスリット上の場所)

 

など

 

こういったところでは、潮の流れに変化が生じています。

 

ベイトが集まりやすいです。

 

 

ポイントが決まれば、仕掛けをキャストします。

 

着底後、底付近(底から0.5〜1m)をただ巻きで引いてきます。

 

メタルジグをゆっくり引いてくるだけでよいです。

 

速く巻くと、ジグが浮いてしまうので注意が必要です。

 

たまにジグを止めるのも効果的です。

 

当たりがなければ、巻く速さを変えて様子を見ます。

 

 

他に、リフト&フォールで誘ってもよいです。

 

中層(底から10〜20m)までシャクり上げてフォールで食わせます。

 

着底すれば、すぐに次の誘いに入るようにします。

 

ジグを長く底に着けると、食いが悪くなってしまいます。

 

 

当たりがあれば、即合わせします。

 

エサ釣りのように待つ必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

 

ここまではヒラメジギングの釣り方について解説してきましたが、マゴチジギングもよく似ています。

 

基本的な誘い方は、ゆっくりのズル引きです。

 

マゴチは底付近にいるので、底からジグが浮きすぎると釣れません。

 

攻める棚がヒラメとは若干異なります。

 

着底後、すぐに当たりがあることがあります。

 

 

他にも、いろいろな釣り方があります。

 

こちらが参考になります。

 

参考動画

 

 

 

メタルジグ以外でのルアーでヒラメ釣り

 

サーフのヒラメ釣りにおいては、狙う場所や状況によって、メタルジグ以外で攻めた方が効果的に狙える場合があります。

 

そのため、他のルアーでの釣り方についても簡単に解説させていただきます。

 

メタルジグにこだわらないのなら、他のルアーを使ってみるとよいです。

 

 

スリット

スリットとは、気象の変化や潮流などによって周辺よりも深く掘れているスリット上の場所のことです。

 

こういった場所にも、ヒラメは集まっています。

 

スリットを狙うのには、ジグスプーンが最適です。

 

スリットなど地形変化まではスローなただ巻きで引いてきます。

 

地形変化のある場所では、ストップ&ゴーでリニアに通してアピールします。

 

 

 

近距離の遠浅

ここでは、近距離=80mぐらいと思ってください。

 

水深1mほどの場所で水面下60〜80cmを引いてくるようなイメージです。

 

このような時に最適なルアーはミノーです。

 

スローで巻いてきても、姿勢が崩れないのがよいです。

 

スローで一定のスピードを維持して引いてくるようにします。

 

 

 

強風の日の遠距離

風が強い日は、空気抵抗の少ないルアーを使う必要があります。

 

おすすめは、メタルジグシンキングペンシルです。

 

ここでは、シンキングペンシルについて解説します。

 

シンキングペンシルは、基本的には浮き上がりやすいルアーです。

 

そのため、スローで引いてこれます。

 

ただ巻きやストップ&ゴー、ワンピッチジャークなど誘うとよいです。

 

 

 

深めのサーフ

サーフでも、いきなり深くなっている場所もあります。

 

このような場所では、落とし込みやすいジグヘッド&ワームがおすすめです。

 

ワームには、シャッドタイプやカーリータイプなどがあります。

 

まずは、シャッドタイプで様子をみます。

 

誘い方には、リフト&フォールスイムなどが効果的です。

 

スローに誘うと、大型が食ってくることもあります。

 

 

 

 

他にも、いろいろなルアーで釣れます。

 

どのルアーがよいかわからないだけに、メタルジグ以外にもいくつか用意しておくとよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「マダラジギングの仕掛け(ロッド・リール・ジグなど)

ホーム