ヒラメ釣りのサーフでの釣り方【ヒラメジギング】

ヒラメ釣りのサーフでの釣り方【ヒラメジギング】

ヒラメジギングのサーフでの釣り方についてご紹介しています。

 

サーフで狙うべきポイントは、次のとおりです。

 

  • 離岸流(打ち寄せた波が沖に帰っていく流れ)
  • 河川の流れ込み
  • カケアガリ
  • 潮目

など

 

こういったところでは、潮の流れに変化が生じています。

 

ベイトが集まりやすいです。

 

 

ポイントが決まれば、仕掛けをキャストします。

 

着底後、底付近(底から0.5〜1m)をただ巻きで引いてきます。

 

メタルジグをゆっくり引いてくるだけでよいです。

 

速く巻くと、ジグが浮いてしまうので注意が必要です。

 

たまにジグを止めるのも効果的です。

 

当たりがなければ、巻く速さを変えて様子を見ます。

 

 

他に、リフト&フォールで誘ってもよいです。

 

中層(底から10〜20m)までシャクり上げてフォールで食わせます。

 

着底すれば、すぐに次の誘いに入るようにします。

 

ジグを長く底に着けると、食いが悪くなってしまいます。

 

 

当たりがあれば、即合わせします。

 

エサ釣りのように待つ必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

 

ここまではヒラメジギングの釣り方について解説してきましたが、マゴチジギングもよく似ています。

 

基本的な誘い方は、ゆっくりのズル引きです。

 

マゴチは底付近にいるので、底からジグが浮きすぎると釣れません。

 

攻める棚がヒラメとは若干異なります。

 

着底後、すぐに当たりがあることがあります。

 

 

他にも、いろいろな釣り方があります。

 

こちらが参考になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「マダラジギングの仕掛け(ロッド・リール・ジグなど)

ホーム