ジギングリール・ラインのおすすめ・人気は?

ジギングリール・ラインのおすすめ・人気は?

ジギングリールのおすすめについてご紹介しています。

 

ジギングリールを選ぶ際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

 

ジギングリールの選び方

ジギングリールの選び方について説明します。

 

リールには、スピニングリールベイトリールの2つがあります。

 

どちらにするのかを選ばないといけません。

 

そのためには、まずそれぞれの特徴を知らなければなりません。

 

スピニングリール

  • バックラッシュしないのでキャスティングに適している。
  • メタルジグを速く沈められる
  • 速巻きがしやすい。

 

ベイトリール

  • 底を取りやすい
  • ジグを巻き上げたり、フォールさせたりの切り替えが、スムーズに行える
  • 巻き取りのパワーが強い。
  • バックラッシュするのでキャスティングに不向きである。

 

 

ロッドのところでも説明しましたが、初心者はまずスピニングリールを選んだ方がよいです。

 

スピニングリールとベイトリールのどちらを使うかで、釣り方にも影響が出ることもあります。

 

詳しくはこちらを! 

 

ジギングリール ライン

 

スポンサーリンク

 

 

他には、次のような点に注意する必要があります。

 

ドラグ性能

 

特に大型魚を狙う際には、ドラグ性能が重要です。

 

性能がよくないと、ラインが切れてしまう恐れがあります。

 

大型魚とのやり取りを制するためにも、ドラグは高性能なものを選んだ方がよいです。

 

 

ラインの種類と糸巻量

 

ラインは、PEを使います。

 

細くて強度があり、それでいて伸びないので感度がよいためです。

 

PEは、3号をおすすめします。

 

対象魚にもよりますが、3号未満では大型がヒットすれば少し不安です。

 

糸巻量は300mがベストです。

 

200mでは不十分です。

 

リールの大きさは、ダイワなら4000〜4500番、シマノなら6000〜8000番がピッタリです。

 

 

耐久性

 

ジギングは、底から仕掛けを巻いて誘う釣りです。

 

そのため、リールを常に巻き続けなければなりません。

 

安価な耐久性の劣るリールでは、すぐに壊れてしまいます。

 

そのようなことにならないように、安価なリールは避けた方がよいです。

 

 

ギア比

 

ギア比とは、ハンドルを1回転した時に、スプールが何回転したのかを数値で表示したものです。

 

大きく分けると、パワーギアタイプとハイギアタイプがあります。

 

パワーギアタイプは、ヒット時に巻き取りが軽いです。

 

ハイギアタイプは、速巻きするのに適しています。

 

好みかもしれませんが、個人的にはパワーギアタイプのものをおすすめします。

 

 

ジギングリールのおすすめ・人気は?

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ジギング仕掛けのリーダーと結び方

ホーム