ジギングのタチウオパターンで狙う青物仕掛けと釣り方

ジギングのタチウオパターンで狙う青物仕掛けと釣り方

ジギングのタチウオパターンで狙う青物仕掛け

ジギングのタチウオパターンで狙う青物仕掛けについてご紹介しています。

 

ジギングで青物を狙うパターンとして、タチウオパターン(タチパターン)というものがあります。

 

これは、青物がタチウオを食べている時に有効な釣り方です。

 

そのため、タチウオがいない釣り場ではダメです。

 

ハマチやメジロ、ブリ、サワラなどの青物釣りに威力を発揮します。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

ジギング タチウオパターン 青物

 

基本的には、ジギングの仕掛けとほとんど同じです。

 

 

ロッドは、ジギングロッドを使います。

 

長さは、6フィートほどでよいです。

 

200gの重さのジグgを使えるものを選びます。

 

釣りに行く場所によって、使用する重さが異なるので、事前に確認しておきます。

 

 

 

 

リールは、ベイトリールを使います。

 

ベイトリールは底取りがしやすく、パワーがあるので、魚の引きにも負けません。

 

サイズは、中型がおすすめです。

 

スピニングリールでもよいです。

 

4000〜4500番を使います。

 

 

 

 

 

ラインは、PEの2〜3号を使います。

 

リーダーには、フロロカーボンの8〜15号がおすすめです。

 

長さは、4〜5mぐらいセットしておきます。

 

 

メタルジグは、タチウオとシルエットが似ているロングジグを使います。

 

タチウオのカラーと同じシルバーがおすすめです。

 

重さは、200〜300gです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ジギングのタチウオパターンで狙う青物の釣り方

ジギングのタチウオパターンで狙う青物の釣り方についてご紹介しています。

 

まず、底まで仕掛けを沈めます。

 

着底すれば、すぐに誘い始めます。

 

基本的な誘い方は、ワンピッチジャークです。

 

それほど速く誘わなくてもよいです。

 

どちらと言うと、ゆっくりめでOKです。

 

 

底から10mほど上までワンピッチジャークで誘って、当たりがなければ底まで沈めます。

 

着底すれば、再度ワンピッチジャークで誘います。

 

これを繰り返します。

 

 

当たりがあれば、合わせてしっかりとフッキングさせます。

 

後は、慎重に巻き上げるだけです。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ヒラマサジギングの仕掛け(ライトタックル)と釣り方(アクション)

ホーム