ライトショアジギングのジグのおすすは?

ライトショアジギングのジグのおすすは?

ライトショアジギングのジグの選び方

ライトショアジギングで使うメタルジグ(ジグ)の選び方についてご紹介しています。

 

ライトショアジギングのみならず、ジギングにおいては、ジグの選択はかなり重要です。

 

選択を誤ると、まったく釣れないこともしばしばです。

 

それだけに、慎重にかつ大胆に選ばないといけません。

 

 

選択に当たっては、次のことに注意するとよいです。

 

ライトショアジギングと言えども、思うようにキャストできないと釣りになりません。

 

そのため、ジグの遠投性能についても重要視しなければなりません。

 

ジグの重さは、基本的に15〜40gのものを用意します。

 

潮の速さなどによっては、50gぐらいまで使うこともあります。

 

ロストすることが多いので、少し多めに持参すると安心です。

 

 

対象魚によって、重さの異なるジグを使い分けるという釣り方もあります。

 

キジハタやカサゴ、メバルなどのロックフィッシュを狙うなら、軽い15gがおすすめです。

 

ハマチやカンパチ、ソウダガツオなどの青物を狙うのなら、やや重い40gがおすすめです。

 

最低でも、15gと40gは用意したい重さです。

 

 

カラーについても、気を遣う必要があります。

 

日によって、ヒットするカラーは異なります。

 

さまざまな状況に対応できるように、できるだけいろいろなカラーのジグを用意しておきます。

 

そうは言っても、ある程度ヒットするカラーというものがあります。

 

スポンサーリンク

 

<おすすめのカラー>

 

定番カラーとしては、シルバー系、ピンク系、アカキンがあります。

 

イワシカラーがよく釣れます。

 

最近では、ゼブラカラーが人気しています。

 

潮が濁っている時や暗い時は、グロー系がよいです。

 

 

 

必ず、カラー違いのジグを何種類か用意しておきます。

 

先ほどまで釣れていても、急に食わなくなることがあります。

 

ジグのカラーを変えると、また釣れ出すことがあります。

 

 

メタルジグだけでなく、シンキングミノーを使っても面白いです。

 

1つぐらい持って行っておくとよいです。

 

 

フックについてです。

 

フックはフロントとリアに付けることができますが、リアに付けると絡まる可能性があります。

 

そのため、フロントのみに付けるのがよいです。

 

両方に付けても問題ありません。

 

 

ライトショアジギングのジグのおすすは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめのシンキングミノーです。

 

 

 

こちらのフックは細くて刺さりやすいので、おすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ジギングサビキの仕掛けと釣り方

ホーム