真鯛ジギングのロッド(タックル)の選び方とおすすめ

真鯛ジギングのロッド(タックル)の選び方とおすすめ

真鯛ジギングのロッド(タックル)の選び方

真鯛ジギングのロッド(タックル)の選び方についてご紹介しています。

 

最近では、真鯛専用のジギングロッドも販売されています。

 

ただ、まだまだ数は少ないです。

 

気に入ったロッドがないかもしれません。

 

そのため、ライトジギングロッドタイラバロッドなどが代用されることが多いです。

 

 

ロッドを選ぶ際に最も重要なのは、適用ルアーウエイトです。

 

ロッドに求められる適用ルアーウエイトは、釣りに行く場所や潮などによって異なります。

 

そのため、事前に使用するルアーのウエイトをチェックしておく必要があります。

 

それをもとに、ロッドを選ばないと失敗します。

 

ルアーのウエイトについてはこちらが参考になります!

 

 

長さは7フィート前後で、ベイトリール用のロッド(下のリール部分を参照)がおすすめです。

 

あまりにも硬すぎると、真鯛に違和感を抱かせて食い込んでくれません。

 

そのため、しなやかな柔らかめのロッドがよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

真鯛ジギングのロッド(タックル)のおすすめ

真鯛ジギングのロッド(タックル)のおすすめについてご紹介しています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「真鯛ジギングのリールの選び方とおすすめ

ホーム