真鯛ジギングの仕掛けと釣り方(アクションなど)【スロージギング】

真鯛ジギングの仕掛けと釣り方(アクションなど)【スロージギング】

真鯛ジギングの仕掛け

真鯛は、ジギングでも釣れます。

 

少し前なら考えられないことですね。

 

今や、ジギングでは釣れないものはないというぐらい何でも釣れます。

 

 

ここでは、真鯛ジギングの仕掛けについてご紹介しています。

 

真鯛 ジギング 仕掛け

 

 

真鯛ジギングロッドの詳細はこちらを!

 

真鯛ジギングリールの詳細はこちらを!

 

 

ラインにはPEを使用します。

 

伸びないので、当たりがよくわかります。

 

太さは、1〜1.5号を巻いておきます。

 

200〜300m巻いておくと安心です。

 

カウンター付のリールでないのなら、マーカー付きのPEを使います。

 

そうでなければ、当たりがあった棚を把握できません。

 

 

PEを使用するので、リーダーをセットします。

 

フロロカーボンの4〜7号を5〜6m取ります。

 

 

メタルジグは、20〜150gを使います。

 

釣りに行く場所や潮の速さなどによって異なります。

 

  • 標準 40〜80g
  • 浅場や潮が緩い場所 20〜30g
  • 深場や潮が速い場所 100〜150g

 

ジグは、真鯛ジギング専用のものもあります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

真鯛ジギングの釣り方(アクションなど)

真鯛ジギングの釣り方(アクションなど)についてご紹介しています。

 

釣り方にはいろいろとあります。

 

おすすめはスロージギングです。

 

メタルジグを底まで沈め、何度かシャクり上げて、フォールで食わせます。

 

スロージギング用のジグを使うと、ジグをシャクり上げると、ジグは横に跳ねます。

 

何度もシャクり巻き上げて、ジグはそれほど大きく上がってきません。

 

そのため、狭いレンジを入念に探れます。

 

 

シャクり上げる際に、ただ巻きを取り入れるとよいこともあります。

 

フォールの際、テンションフォールフリーフォールで反応のよいものを採用するとよいです。

 

他に、リフト&フォールワンピッチジャークが有効な時もあります。

 

 

当たりがなければ、ジグを変更したり、シャクリの速さや回数、幅などに変化を持たせると食ってくることがあります。

 

いろいろ試してみましょう。

 

 

合わせ方もいくつかあります。

 

ただ巻きの状態で食ってきた際には、タイラバのようにすぐには合わせず、大きく引き込むまで待つ方がよいです。

 

通常のジギングのように、当たりがあれば即合わせするという方法もあります。

 

個人的には、大きく引き込むまで待てばよいと思いますが、状況に応じて使い分けた方が無難です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「真鯛ジギングのロッド(タックル)の選び方とおすすめ

ホーム