マダラジギングの仕掛け(ロッド・リール・ジグなど)

マダラジギングの仕掛け(ロッド・リール・ジグなど)

マダラジギング(タラジギング)の仕掛け(ロッド・リール・ジグなど)についてご紹介しています。

 

マダラは、水深150〜300mに生息している魚です。

 

夏に食べるとおいしい魚で、秋の白子や真子は絶品です。

 

冬のタラ鍋も最高です。

 

非常においしいので、近年マダラ釣りの人気が高まっています。

 

日本海では、マダラジギングをする釣り人が増えています。

 

 

マダラは、7月から3月ぐらいまで釣れます。

 

夏と秋がベストシーズンです。

 

マダラジギング

 

スポンサーリンク

 

 

マダラジギングの仕掛けは、次のとおりです。

 

マダラジギング 仕掛け

 

 

ロッドは、当然ですが、使用するメタルジグをシャクれるものでなければなりません。

 

釣りに行く場所や潮などによっても変わってきますが、300gのジグを想定しておくとよいです。

 

長さは、6〜7フィートが使いやすいです。

 

 

 

 

リールは、底を釣りやすいベイトリールを使います。

 

ラインは、PEの1.2〜1.5号を500〜600m巻いておきます。

 

リールのサイズは、ラインの巻き取り量で決めるとよいです。

 

あと、パワーハンドル仕様ハイギアタイプがおすすめです。

 

 

 

 

リーダーとして、フロロカーボンの6号とフロロカーボンの8号を結束します。

 

ライン→フロロカーボンの6号→フロロカーボンの8号の順につなぎます。

 

このようにするのは、根がかりした際にラインが切れることを防ぐためです。

 

 

メタルジグは、300gが標準です。

 

潮の速さや水深によってかなり変わります。

 

200〜500gぐらいが必要な場合があります。

 

事前に釣り船に確認して、必要な重さのジグを準備しておきます。

 

フックは、フロント・リア共に2本ずつ付けておくとよいです。

 

 

 

 

 

メタルジグではありませんが、これでもOKです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「マダラジギング(タラジギング)の釣り方

ホーム