マダラジギング(タラジギング)の釣り方

マダラジギング(タラジギング)の釣り方

マダラジギング(タラジギング)の釣り方についてご紹介しています。

 

水深150〜300mにいるマダラをメタルジグで狙います。

 

ジギングとは言え、通常のジギングとは釣り方がかなり異なるのではと思ってしまう人もいるでしょう。

 

しかし、釣り方自体はそれほど変わりません。

 

マダラジギング 釣り方

 

スポンサーリンク

 

 

では、マダラジギングの釣り方をみていきましょう。

 

深海ジギングと言えば、スローピッチジャークです。

 

ジギングでは、定番の誘い方の1つです。

 

マダラジギングでも、当然有効な誘い方となっています。

 

 

まず、メタルジグを着底させます。

 

着底後、すぐに誘い始めます。

 

ロッドを1回シャクる間に、リールのハンドルを1/2〜1/4回転させます。

 

これを繰り返します。

 

当たりがなければ、シャクリの速度や幅、巻きのピッチに変化を付けてみるとよいです。

 

 

他には、ロングフォールと言う誘い方があります。

 

ジグの着底後、ジグをロッドいっぱいまで大きくシャクり上げます。

 

その後、ジグをフォールさせます。

 

フォールには、テンションフォール(ラインを張った状態で沈めること)とフリーフォール(ラインを張らない状態で沈めること)があります。

 

どちらを選ぶかで、ジグのアクションが変わります。

 

どちらがよいとは言えないので、やってみて反応がよい方を採用するとよいです。

 

当たりがなければ、リールを1回転巻き上げて、再度ジグをシャクり上げます。

 

これを繰り返します。

 

 

基本的に、マダラは底付近にいます。

 

そのため、狙うのは底から3〜5mぐらいまでです。

 

最大でも10mぐらいまでにします。

 

仕掛けを浮かせ過ぎると、逆に釣れませんので注意が必要です。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ショアプラッキングのタックル(ロッド・リール・ルアーなど)

ホーム