マイクロジギングのロッド(タックル)・リールの選び方・おすすめ

マイクロジギングのロッド(タックル)・リールの選び方・おすすめ

マイクロジギングのロッド(タックル)の選び方・おすすめ

マイクロジギングのロッド(タックル)の選び方についてご紹介しています。

 

マイクロジギングは小型のジグを使うため、ロッドはライトなもので十分です。

 

 

マイクロジギングの人気の高まりにつれて、専用ロッドが販売されるようになりました。

 

専用ロッドを使ってもよいです。

 

しかし、まだまだ数は少ないです。

 

マイクロジギングは、さまざまなロッドを代用できます。

 

  • エギングロッド
  • シーバスロッド
  • 一つテンヤロッド
  • ライトジギングロッド
  • バスロッド

 

など

 

 

もし、このようなロッドをお持ちなら、代用できるかもしれません。

 

専用ロッドで気に入ったものがないのなら、このようなロッドを購入しても構いません。

 

 

長さは、6〜8フィートぐらいが使いやすいです。

 

キャストしにくくない程度の柔らかさで、しっかりと当たりが取れる感度のよいものがベストです。

 

適合ルアーウェイトにも注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

マイクロジギングのリールの選び方・おすすめ

マイクロジギングのリールの選び方・おすすめについてご紹介しています。

 

キャストする場合は、スピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、2500〜3000番がベストです。

 

 

ロッドほどこだわる必要はありませんが、あまり安いものはおすすめしません。

 

何度もキャストして巻いてくるので、ある程度の耐久性がないと、すぐに壊れてしまいます。

 

また、1号以下という細いPEラインを使用するので、ドラグ性能が優れていないと、バラシてしまう恐れがあります。

 

耐久性とドラグ性能の点から、中級クラス以上のリールを購入した方が無難です。

 

 

また、キャストせず、足元を攻める場合は、ベイトリールの方が使いやすいです。

 

底を取りやすいことやパワーがあることなどのメリットがあります。

 

もちろん、好みで選べばよいです。

 

 

 

 

 

ベイトリールなら、ライトジギングリールを参照!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「マイクロジギングの釣り方

ホーム