マイクロジギングの釣り方

マイクロジギングの釣り方

マイクロジギングの釣り方についてご紹介しています。

 

マイクロジギングには、“ジギング”というワードが付いているので、激しくシャクッて釣るというイメージを持つ人もいるかもしれません。

 

しかし、実際のところ、激しくシャクッて釣るというような釣り方はしません。

 

本当にシンプルな釣り方で楽しめます。

 

初心者や女性でも安心して釣りに行けます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="4923844263"
data-ad-format="link">

 

 

では、マイクロジギングにおいては、どのような釣り方をするのでしょうか?

 

釣り方は、次のとおりです。

 

まず、船の上からジグをキャストします。

 

遠くまでキャストできればできるほど、広範囲を探ることができます。

 

ジグを底まで沈めます。

 

着底すれば、基本的にはただ巻きするだけです。

 

ジャークを軽く入れてもよいです。

 

青物を狙うなら、ジャークを入れた方が効果的です。

 

ある程度巻き上げれば、仕掛けを底まで沈め、再度ただ巻きを行います。

 

 

巻く速さは、ターゲットによって変えます。

 

真鯛やロックフィッシュなら比較的ゆっくり巻き、青物なら少し速く巻きます。

 

 

この釣りは、ジグをキャストして横に引いて釣ります。(ただ巻き)

 

横に引くので、潮が流れていない時でも食わせることができます。

 

さらに、同じレンジを長く引けるというメリットがあります。

 

そのため、ターゲットによってどのレンジを引いてくるのかを変えます。

 

真鯛やロックフィッシュなら底付近を中心に、青物なら底から中層までを攻めます。

 

 

キャストせず、足元に沈めてもよいです。

 

誘いは、ただ巻きです。

 

底から上まで巻き上げてきます。

 

当たりがなければ、再度底まで沈めます。

 

巻く速さは、上を参考にしてください。

 

 

当たりがあれば即合わせします。

 

違和感があれば、合わせればよいです。

 

 

いろいろな魚が釣れるだけに、ターゲットによってできる限り工夫した方が、好釣果が期待できます。

 

思わぬ大物が食ってくることもあるので夢があります。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ベイジギングのタックル(リール・ラインなど)

ホーム