ショアプラッキングのタックル(ロッド・リール・ルアーなど)

ショアプラッキングのタックル(ロッド・リール・ルアーなど)

ショアプラッキングのタックル(ロッド・リール・ルアーなど)についてご紹介しています。

 

ジギングに出掛けると、プラッキングの方がよく食うことがあります。

 

秋ぐらいになって、ベイトのサイズがある程度大きくなってきたらプラグの出番です。

 

基本的にはメタルジグをプラグ系のルアーに交換するだけでよいので、簡単に釣り方を変えることができます。

 

ジギングとプラッキングの両方をする釣り人が増えてきています。

 

そのため、当サイトはジギング専門のサイトですが、プラッキングについても少し触れておきたいと思います。

 

 

ショアプラッキングとは

ショアプラッキングとは、何なのでしょうか?

 

簡単に言うと、おかっぱりから行うプラグ系のルアーを使った釣りのことです。

 

プラグ系のルアーには、トップウォータープラグやミノープラグ、バイブレーションプラグなどがあります。

 

フローティングタイプやシンキングタイプなどがあり、狙うレンジによって使い分けます。

 

表層付近にいる魚を狙うことが多いですが、深いレンジにいる魚を狙うこともあります。。

 

ショアプラッキングでは、いろいろな魚を釣り上げることができます。

 

青物がメインとなりますが、ハマチ(ブリ)やシオ(カンパチ)、サゴシ(サワラ)、ソウダガツオ、シイラなど何でもありという感じです。

 

 

ショアプラッキングの仕掛け

ショアプラッキングの仕掛けについてご紹介しています。

 

ロッド

ロッドは、ショアジギングロッドがおすすめです。

 

できるだけ飛距離が出やすいように、長さは10フィート前後は欲しいです。

 

使用するルアーの重さに注意が必要です。

 

パワーのあるシーバスロッドでも代用できます。

 

ルアーの種類やターゲットの大きさなどによって変わることもあります。

 

 

 

リール

リールは、遠投しやすいスピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、4000番がよいです。

 

 

 

ライン

ラインは、PEの1.5〜4号を200〜300m巻いておきます。

 

ターゲットによって、太さを変えるとよいです。

 

特にヒラマサやカンパチは根に潜るので、一気に浮かせることができるように太めのラインを使います。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの8〜18号を使います。

 

根ズレを起こしやすい場所では、フロロカーボンの22〜40号を使います。

 

ターゲットによっても変わります。

 

 

プラグ

プラグにはいろいろあります。

 

狙うレンジや誘い方などでプラグを選ぶとよいです。

 

 

次のプラグを主に使います。

 

・ポッパー

 

ポッパーは、音と水しぶきで表層を引いてくるルアーです。

 

 

 

 

 

・ミノー

 

ミノーは風が強くてもキャストできて、レンジをキープ力に優れ、小魚にシルエットがよく似ているルアーです。

 

 

 

 

 

・ダイビングペンシル

 

ダイビングペンシルは少しぐらい波が高くても使用でき、ダイブすることで強烈にアピールすることができるルアーです。

 

 

 

 

 

その時の状況に応じて使い分けるようにします。

 

どのような状況にも対応できるように、プラグの種類は多めに用意しておくと無難です。

 

 

ルアーの種類がわからないという人はこちらが参考になります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ショアプラッキングでのポッパー・ミノーなどでの釣り方

ホーム