ロックフィッシュのジギング仕掛け【ショアジギ】

ロックフィッシュのジギング仕掛け【ショアジギ】

ロックフィッシュのおかっぱりからのジギング仕掛けについてご紹介しています。

 

ロックフィッシュがメタルジグで釣れるのかと、疑問を持っている人がいるかもしれません。

 

しかし、ロックフィッシュはメタルジグでも釣れます。

 

 

ここでは、キジハタやマハタ、オオモンハタなどの大型のロックフィッシュを狙う仕掛けについて解説しています。

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

ロックフィッシュのジギング仕掛け

 

 

ロッドは、ロックフィッシュ専用ロッドがおすすめです。

 

針がかりしたら、強引に巻き上げられるだけのパワーが必要です。

 

長さは、9フィート前後がよいです。

 

エギングロッドのMH〜HでもOKです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

リールは、スピニングリールの3000〜4000番がおすすめです。

 

キャストするので、バックラッシュがないスピニングリールの方が使いやすいです。

 

 

 

 

ラインは、PEの1号前後を使います。

 

リーダーは、フロロカーボンの5号をセットします。

 

 

メタルジグの重さは、潮の速さや水深などによってかなり変わります。

 

確実に底を取れるものの中で、もっとも軽いものを使うとよいです。

 

ロッドの適合ルアーウェイトに注意が必要です。

 

ジグのカラーは、ブルー系やピンク系、ゴールド系などが人気です。

 

活性が高い時は細長い形状のジグ、活性が低い時は丸みを帯びた形状のジグがおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ロックフィッシュのジギングの釣り方【ショアジギ】

ホーム