サワラジギングの仕掛け・タックル

サワラジギングの仕掛け・タックル

サワラは、大きさによって呼び名が変わる出生魚です。

 

60cm以上をサワラ、40〜50cmをサゴシと言います。

 

鋭い歯を持ち、体長は1m以上にもなります。

 

強烈な引きが楽しめ、ルアーへの反応がよいことから、ジギングなどの好ターゲットとなっています。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="4923844263"
data-ad-format="link">

 

 

サワラジギングの仕掛け・タックルについてです。

 

サワラジギング 仕掛け

 

 

ロッド

ロッドは、ジギング専用ロッドがおすすめです。

 

長さは、6フィートぐらいが使いやすいです。

 

適合ルアーウェイトは60〜150gぐらいのものがよいです。

 

使用するルアーによって変わってきます。

 

 

 

 

リール

リールは、ベイトリールでもスピニングリールでも構いません。

 

底を取りにくい場合は、ベイトリールがおすすめです。

 

ただ、速巻きしないと食ってくれないことが多いので、スピニングリールの方がよいです。

 

スピニングリールなら4000番を使います。

 

当然ですが、必要な分だけラインが巻けるものを選びます。

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEの2〜3号を巻いておきます。

 

釣りに行く場所の水深にもよりますが、300mほど巻いておけばよいです。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの8〜10号を使います。

 

2〜3mほどの長さです。

 

 

メタルジグ

メタルジグは、150〜200gを使います。

 

釣りに行く場所や潮の速さなどによって変わってきます。

 

潮が濁っている時はゴールド系、潮が済んでいる時はシルバー系がおすすめです。

 

サワラは歯が鋭いので、ルアーをロストすることが多いです。

 

そのため、多めに用意しておいた方が無難です。

 

リアには、トリプルフックを付けます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「サワラジギングの釣り方・誘い方

ホーム