ショアジギングのポイントと時合

ショアジギングのポイントと時合

ショアジギングのポイントと時合についてご紹介しています。

 

ジギングは船釣りのため、船長が釣れる場所へ釣れて行ってくれるので、特にポイントについて考える必要はそれほどありません。

 

マイボートで釣りに行くのなら別ですが。

 

一方のショアジギングは、自分でポイントを選んで釣りをしなければなりません。

 

当然、選んだポイントが悪ければ、何も釣れないということもあり得ます。

 

ショアジギング 

 

 

では、ショアジギングはどのようなポイントで釣りをすればよいのでしょうか?

 

もっとも理想的なポイントは、ターゲットのエサとなるイワシなどがたくさんいるところです。

 

エサが多ければ、ターゲットも寄ってきます。

 

 

それでは、どのようなところにエサが集まりやすいのかと言うと、潮通しのよいところです。

 

具体的には、外海に突き出た半島の周辺湾内です。

 

外海に突き出た半島の周辺は、潮通しがよいので、エサがたくさんいます。

 

しかし、ずっとその場所に留まらないことが多いので、日によって釣果に大きな差が出ます。

 

それに比べて、エサが集まる湾内はエサがいる限りはずっと釣れ続けます。

 

しかし、エサが集まっていない湾内では、エサが集まるまでほとんど釣れません。

 

そのため、常に最新の情報を入手しておく必要があります。

 

青物を狙うのなら、イワシがいるのかどうかをチェックしておくとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

これは行ってみないとわからないのですが、ナブラや鳥の群れを探すという方法もあります。

 

ナブラとは、小魚が大型の魚に水面付近まで追われ、水面がざわつく状態のことをいいます。

 

鳥がたくさんいるということは、真下にエサがたくさん泳いでいる可能性が高いです。

 

このような時は、青物などの大型魚がいることが多いです。

 

 

船なら別ですが、おかっぱりでは探して見つけられるのものではありません。

 

そのため、探すというよりは、ナブラや鳥の群れを見つけたらチャンスと思い、ジグをキャストしてみましょう。

 

ショアジギング 

 

 

時合についてどうなのでしょうか?

 

釣り全般で言えることですが、やはり狙い目は朝と夕のマズメです。

 

魚の活性が高くなるためです。

 

ここは外せません。

 

 

青物は、朝マズメの方がよく食ってくるように感じます。

 

午前と午後を比べると、午前の方が比較的釣果がよいように感じます。

 

あくまで個人的な見解です。

 

釣りに行く場所やその日の海の状況、時期によっても変わるかもしれません。

 

釣りに行く場所の近くにある釣具店などで、情報を収集してみるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ショアジギングの仕掛け(図あり)

ホーム