ショアジギングのサーフ仕掛け(ロッドなど)

ショアジギングのサーフ仕掛け(ロッドなど)

ショアジギングのサーフ仕掛け(ロッドなど)についてご紹介しています。

 

基本的な仕掛けは、サーフだからと言って、堤防などで行うのとそれほど違いはありません。

 

釣る場所よりも、どのような魚を釣るかで決めるとよいです。

 

大型魚と小〜中型魚で分けます。

 

 

ライトショアジギングもよく似た仕掛けで行えます。

 

もう少しライトなものでもよいですが、それほど大きくは変わりません。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

ジギング 仕掛け

 

 

<<大型魚>>

 

大型魚には、カツオやマグロ、シイラ、ブリなどがいます。

 

もちろん、サイズが大きいものです。

 

ロッド

ミドル用のショアジギング専用ロッドを使います。

 

大型魚対応のバットパワーのあるロッドがおすすめです。

 

長さは、10フィート前後のものがよいです。

 

 

 

リール

リールは、大型のスピニングリールがおすすめです。

 

ドラグの耐久性のあるリールが釣りやすいです。

 

サイズは、4000番前後がよいです。

 

 

 

ライン

ラインは、PEの1.5〜2号を200m巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの8号をセットしておきます。

 

PEは擦れると、すぐに切れてしまうのでリーダーは必須です。

 

 

 

<<小〜中型魚>>

 

小〜中型魚には、ツバスやハマチ、ソウダガツオなどがいます。

 

 

ロッド

ライト用のショアジギング専用ロッドを使います。

 

ライトとは言っても、対象魚がそれなりに大きいので、上の大型魚用のロッドに比べればライトという意味です。

 

ある程度のバットパワーがあって、40〜50gぐらいのメタルジグをキャストできないと使えません。

 

 

 

リール

リールは、大型を釣るものとそれほど変わりません。

 

同じでもよいです。

 

4000番前後のものを用意しておきましょう。

 

 

ライン

ラインは、PEの1.5号を使います。

 

200mぐらい巻いておけば十分です。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの6号を使います。

 

 

<<共通>>

 

メタルジグを選ぶ際にもっとも重要なのが重さです。

 

重さは、できるだけ軽い方が食いがよいです。

 

軽い方が、魚が違和感なく食ってくるためです。

 

ただし、軽ければよいというわけではありません。

 

軽すぎると、釣りにくかったり、釣り自体が成立しません。

 

底をきちんと取ることができるという基準で選びます。

 

その中でもっとも軽いものを選べよいです。

 

狙う水深や潮の速さ、飛距離などによって、底を取れる重さは変わります。

 

もちろん、中・上級者と初心者とでも異なります。

 

 

釣りに行く場や状況などによっても変わってきますが、30〜60gぐらいのものをよく使います。

 

40〜50gがメインとなります。

 

 

カラーは、グロー系やピンク系がおすすめです。

 

形状は、細長い系と太い系を用意しておくとよいです。

 

 

 

 

 

 

 

フックについてです。

 

フックは、フロントにアシストフックを装着します。

 

リアには、トリプルフックなど何も付けません。

 

もちろん、トリプルフックを付けてもよいのですが、ラインに掛かるなどのトラブルが起きやすいです。

 

また、食いに関しても、フロントのアシストフックの方がリアのトリプルフックよりも吸い込みがよいように感じます。

 

吸い込みがよい方がフッキング率がアップします。

 

 

 

ナブラが発生した時は、表層を狙わないといけません。

 

そんな時は、ポッパーやペンシルベイトの出番です。

 

メタルジグで表層を引こうとすると、速く巻かないと沈んでしまいます。

 

速く巻き過ぎると、うまく食ってくれないことがあります。

 

ポッパーやペンシルベイトで、アピールしながら引いてくるとヒットの確率が上がります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ショアジギングのサーフでの釣り方とポイント

ホーム