ショアジギングの釣り方

ショアジギングの釣り方

ショアジギングの釣り方についてご紹介しています。

 

ショアジギングは、きっちりとキャストできなければ釣りになりません。

 

遠くの狙ったポイントへキャストできれば、それだけ広範囲を探れます。

 

そのため、少しでも遠くへキャストできるように練習する必要があります。

 

ロッドの反発力を利用するように意識して投げるとよいです。

 

タラシの長さは、少し長めにします。

 

リールの少し上にルアーがくるぐらいが最適です。

 

 

始めに魚のいる層を探る!

 

魚がどの層にいるのか探ります。

 

まず、まっすぐ遠くへキャストします。

 

メタルジグが着水する際にサミングします。

 

サミングとは、余分にラインが出ていかないようにスプールを手で軽く押えることです。

 

そして、仕掛けを底まで沈め、手前まで斜めにただ巻きで引いてきます。

 

この時点では、釣ることよりも当たりがある層をチェックすることに力を入れます。

 

当たりがあれば、だいたいどれぐらいの層かを覚えておきます。

 

次からはその層を狙うようにします。

 

何回か繰り返しても当たりがなければ、ルアーの種類やカラーを変えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

仕掛けが着底したら、すぐに誘い始めることが重要です。

 

沈んでいくルアーに反応を示している魚がいるかもしれないためです。

 

すぐに誘わないと魚にルアーを見切られてしまいます。

 

これでは、もったいないです。

 

 

基本的な誘い方は、ジギングと同様に「ワンピッチジャーク」です。

 

ワンピッチジャークは、“ロッドを1回シャクッてリールを1回巻く”方法です。

 

この動作を1セットとして、普通は何セットかを連続で行います。

 

これにより、ジグを弱った魚に見せます。

 

浅場なら5〜10セット、深場なら10〜15セットほど行ったら、仕掛けを底までフォールさせます。

 

底に着いたら、先ほどと同じ動作を繰り返します。

 

これを何回か繰り返しても当たりがなければ、1度仕掛けを回収して、再度キャストします。

 

 

フォールには、“フリーフォール”と“テンションフォール”があります。

 

“フリーフォール”は、ラインを緩めた状態で沈めることです。

 

自然に沈める方法です。

 

一方の“テンションフォール”は、ラインをピンと張った状態で沈めることです。

 

ゆっくりと沈ませる方法です。

 

どちらがよいとは言えず、日によって魚の反応が異なります。

 

どちらがよいのかは試してみるしかりません。

 

ただ、テンションフォールの方が当たりがよく取れるのでおすすめです。

 

 

1度に行うワンピッチジャークのセット数を増やすと、仕掛けはどんどん上がってきます。

 

その分、フォールさせる距離も増えます。

 

逆に、1度に行うワンピッチジャークのセット数を減らすと、仕掛けはそれほど底から離れません。

 

底から離れないので、フォールの距離は少なくなります。

 

このことを利用すれば、効率的に釣ることができます。

 

“底から中層まで幅広く狙いたい”“フォールさせる距離を多く取りたい”のなら、ワンピッチジャークのセット数を増やせばよいです。

 

逆に、“底を中心に攻めたい”のなら、ワンピッチジャークのセット数を減らせばよいです。

 

 

他には、シャクリや巻く速さについて工夫してみるとよいです。

 

基本的に、ハマチなど狙いなら大きなシャクリ幅かつ高速で誘います。

 

高速で巻くワンピッチジャークのことを、「ジャカジャカ巻き」と言います。

 

逆に、アジやサバなど狙いなら、細かいシャクリ幅で誘います。

 

ショアジギング 釣り方

 

 

もし、ナブラを発見した時はどうすればよいのでしょうか?

 

ナブラとは、小魚が大型魚に水面付近まで追われ、水面がざわつく状態のことを言います。

 

青物がいる可能性が高いので、大きなチャンスです。

 

焦らずに、ナブラよりも沖にキャストします。

 

間違っても、ナブラの中に仕掛けをキャストしないように注意しなくてはなりません。

 

ナブラの中に仕掛けを投げ込むと、小魚や大型魚が驚いて散ってしまう恐れがあるためです。

 

必ずナブラよりも沖にキャストし、リールを巻いてくるとジグがナブラの近くを通れば完璧です。

 

この時の巻き方は、“ただ巻き(リトリーブ)”でよいです。

 

“ただ巻き”とは、文字どおりただ巻くだけです。

 

 

キャストして、着水後すぐに一定の速さで巻き続けると、ジグは水面付近を泳ぐように移動してきます。

 

ナブラは水面付近で起る現象ですから、当然この時狙う棚は水面付近です。

 

ジグが水面付近を泳ぐようにイメージして巻きます。

 

速巻きがおすすめです。

 

やや沈めて、ナブラの下を引いてきてもよいです。

 

 

もちろん、水面付近だけではなく、ただ巻きで底から中層、表層までを狙うこともできます。

 

その際、巻く速さだけではなく、ロッドの角度を調整することで狙う棚に変化を付けることができます。

 

 

ロッドを立てながら巻くと、ジグが海面まで上がってくるのが速くなります。

 

ロッドを立てた分、急角度でジグが上がってくるためです。

 

下から上まで広範囲に誘いたい場合に有効です。

 

 

逆に、ロッドを寝かして巻くと、ジグはゆっくりと上がってきます。

 

ロッドを寝かせた分、角度があまりつかないためです。

 

同じ棚を狙いたい場合に有効です。

 

 

巻く速さとロッドの位置を意識すると、さまざまな誘い方が可能となります。

 

いろいろとやってみることが大切です。

 

 

ショアジギング 釣り方

 

 

当たりがあれば、力強く合わせます。

 

数回合わせておいてもよいです。

 

合わせが不十分だと、バレる可能性が上がります。

 

ヒラマサなど根に潜る魚の場合は、できるだけ早く巻き上げないと、根ズレでラインを切られてしまいます。

 

巻き上げる時は、ラインを緩めないように注意します。

 

急な大物の当たりに備えて、事前にドラグの調整をしておくことも忘れないでください。

 

 

ターゲットがシラスなど小さな魚を追っている時は?

 

ターゲットが小さな魚を追っている時に、ルアーをキャストして引いてきても、まったく当たりがないということがあります。

 

この大きな原因の1つに、ルアーのサイズがあります。

 

ターゲットが小さな魚を追っているのに、大きなルアーを引いてきても、ターゲットは興味を示しません。

 

このような時は迷うことなく、小さなルアーにチェンジしてみてください。

 

軽いルアーで、表層をゆっくり目に引いてくるとよい誘いになります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ライトショアジギングの仕掛けと釣り方

ホーム