ショアスロージギングリール・ラインのおすすめは?

ショアスロージギングリール・ラインのおすすめは?

ショアスロージギングリール・ラインの選び方

ショアスロージギングリール・ラインの選び方についてご紹介しています。

 

まずは、リールについてです。

 

キャストが必須の釣りなので、ライントラブルが少ないスピニングリールを使います。

 

サイズは、2500〜3000番がおすすめです。

 

 

青物釣りのジギングほどリールを酷使するわけではありませんが、ショアスロージギングも何度も巻いては投げるを繰り返します。

 

そのため、ある程度の耐久性がないとすぐに壊れてしまいます。

 

安価なリールの中には壊れやすいものが多いので、購入しない方がよいです。

 

そこそこのランクのリールを購入した方が無難です。

 

 

ショアスロージギングのターゲットは、ロックフィッシュだけではありません。

 

フラットフィッシュや真鯛などが食ってくることもあります。

 

良型が食ってくるとすごい引きになります。

 

どのような大物が来ても大丈夫なように、しっかりとしたドラグの性能を持ったリールを用意しておかなければなりません。

 

 

疲れないように、できるだけ軽いものを選ぶようにします。

 

後は好みで選べばよいです。

 

 

ラインは、PEを使います。

 

ターゲットによって、太さは変わります。

 

キジハタ(アコウ)など比較的大きな魚を狙うのであれば、3〜4号を巻いておきます。

 

カサゴなど比較的小さな魚を狙うのであれば、0.3〜0.8号を巻いておきます。

 

 

当然、使用するリーダーの太さも変わってきます。

 

ちなみに、PE3〜4号に対してはフロロカーボンの4〜5号、PE0.3〜0.8号に対してはフロロカーボンの1〜2号をセットします。

 

 

ショアスロージギングリールのおすすめ

ショアスロージギングリールのおすすめについてご紹介しています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ショアスロージギングの釣り方(アクションなど)

ホーム