ショアスロージギングの釣り方(アクションなど)

ショアスロージギングの釣り方(アクションなど)

ショアスロージギングの釣り方(アクションなど)についてご紹介しています。

 

ショアスロージギングは、青物などの通常のジギングとは全く異なった釣り方です。

 

通常のジギングは、ロッドを激しくシャクッて、ガンガン巻き上げて食わせます。

 

しかし、ショアスロージギングはそういった釣り方はしません。

 

 

釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底後、すぐにシャクり始めます

 

すぐにシャクり始めないと、根がかりしてしまうためです。

 

 

何回かゆっくりシャクりながら巻き上げて(ジャーク)、底まで沈めます(フォール)。

 

何回シャクり上げるかは、狙うターゲットによって異なります。

 

底付近にいるロックフィッシュなら、2〜3回ぐらいでよいです。

 

中層付近を泳ぐ魚なら、中層までシャクリ上げます。

 

ただ巻きして沈めるだけでもよいです。

 

沈める時は、テンションフォール(ラインを張った状態で沈めること)とフリーフォール(ラインを張っていない状態で沈めること)とで反応のよい方を行います。

 

テンションフォールの方が当たりを取りやすいです。

 

 

スロージギングだからと言って、必ずしもゆっくりシャクり上げるわけではありません。

 

鋭くシャクり上げても、メタルジグは上に跳ね上がるのではなく、横に跳ねるだけです。

 

ショアスロージギング用のジグは、そのような構造になっています。

 

 

当たりがあればすぐに合わせます。

 

わかりにくい当たりが多いので、違和感があれば、とにかく合わせてみるとよいです。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「深海ジギングの仕掛け(ロッド・リール・ライン・ジグなど)

ホーム