深海ジギングの仕掛け(ロッド・リール・ライン・ジグなど)

深海ジギングの仕掛け(ロッド・リール・ライン・ジグなど)

深海ジギングの仕掛け(ロッド・リール・ライン・ジグ)についてご紹介しています。

 

深海ジギングとは、文字どおり深海にいる魚をジギングで狙う釣りです。

 

アカムツ、クロムツ、アラ、アコウダイなど、いろいろな魚が釣れます。

 

季節や場所によって、釣りものが大きく変わってきます。

 

何が釣れるのかわからないのも、深海ジギングの大きな魅力の1つです。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="4923844263"
data-ad-format="link">

 

 

ここでは、基本的な仕掛けについて解説します。

 

深海ジギング 仕掛け

 

普通のジギング仕掛けとほとんど同じですが、深海釣りということで全体的に釣具が大きくなります。

 

 

ロッド

スロージギングに特化したロッドを使います。

 

メタルジグの350gを乗せられるものがよいです。

 

使用するジグの重さに注意が必要です。

 

 

 

 

リール

水深200〜300mの棚で釣りをするので、電動リールが必須です。

 

もちろん、手巻きでもOKですが、手返しが遅くなります。

 

ダイワの200〜300サイズがピッタリです。

 

 

 

 

ライン

ラインは、PEの1〜1.2号を巻いておきます。

 

高切れが起る恐れがありますので、500〜600m巻いておくと安心です。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの5〜6号を使います。

 

2〜3mほどの長さです。

 

 

メタルジグ

メタルジグは、250〜350gを使います。

 

釣りに行く場所や潮の速さなどによって変わります。

 

事前に、船長に確認しておくとよいです。

 

フックは、フロントとリアの両方にセットします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「深海ジギングの釣り方

ホーム