ジギング・ショアジギング・スロージギングの仕掛けと釣り方

スロージギングとは?

スロージギングとは、どのような釣り方なのでしょうか?

 

ジギングと言えば、高速で巻き上げたりするなど、激しく誘って釣るというイメージが強いです。

 

スロージギング   

 

 

スロージギングには、さまざまな釣り方があります。

 

“スロー”という言葉通りに、ジグをゆっくりと動かして誘って釣る方法があります。

 

そのため、女性でも気軽に行えると、最近どんどん人気が高まっています。

 

しかし、必ずしもゆっくり巻いて誘うだけではないということにも注意してください。

 

意外と激しく誘うこともあります。

 

青物は、ゆっくりと誘っても食ってくれません。

 

対象魚によっても、誘い方が変わるのです。

 

 

メタルジグを生きた小魚のようにアクションさせなければ、対象魚は食ってくれません。

 

普通、小魚は元気に泳ぎ回っていますので、当然誘う際にはロッドを激しく動かさなければ釣れないのではと思ってしまいます。

 

もちろん、この考え方は間違いではありません。

 

ただ、いつもそのような誘い方が有効とは限らないのです。

 

速巻きで誘ってもまったく釣れず、ゆっくり巻いている時にしか当たりが出ないこともあるのです。

 

このような経験に基づいて、スロージギングという釣り方が確立されたのです。

 

しかも、対象魚は限定されず、青物から根魚までさまざまな魚が釣れます。

 

このことも、人気が上がっている大きな要因となっています。

 

 

人気の高まりとともに、どんどんスロージギングを行うエリアが拡大されています。

 

スロージギングは、瀬戸内海の明石海峡が発祥と言われていますが、今では山陰や太平洋などでも行われるようになりました。

 

そして、驚くことに水深250〜500mの深海釣りでも行われているというのです。

 

今後、ますますスロージギングが普及していきそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「スロージギングの仕掛け

ホーム