スロージギングリール・ラインのおすすめ

スロージギングリール・ラインのおすすめ

スロージギングのリール・ラインについて

スロージギングで使用されるリールは、ベイトリールが一般的です。

 

それは、底が取りやすく、フォールでの当たりを逃さないなどのためです。

 

それに、スロージギング用のロッドはベイトリール用が多いです。

 

 

また、スロージギングで使うリールは、ハイギアタイプとパワーギアタイプのどちらがよいのでしょうか?

 

スロージギングは、パワー重視より速巻き重視のタイプのリールの方が使いやすいです。

 

スロージギングなのに、どうして速巻き重視タイプのリールがよいのでしょうか?

 

それは、“スロージギング”だからと言って、必ずしもスローで巻くわけではないためです。

 

もちろん、ゆっくりと巻き上げてジグをアクションさせることもありますが、意外と速く巻き上げることが多いです。

 

速さは、魚の特性によって変わります。

 

青物は、速巻きしないと追ってきませんので、速巻きで誘います。

 

このような理由で、スロージギングにはパワータイプよりも速巻きできるハイギアタイプのリールの方が有利なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ラインは、PEの1.5〜2号を200〜300m巻いておいた方がよいです。

 

そのため、リールはこの量のラインを巻けるものを選ばないといけません。

 

必要な号数のラインを必要な量だけ巻けないと意味がありませんので。

 

ただし、中深海(250〜350m)や深々海(400〜500m以上)など、かなり深い水深を狙うのなら、より糸巻量が必要となってきます。

 

中深海なら600m以上、深々海なら1000m以上巻いておくとよいです。

 

ここまでの条件を満たしたリールを探すとよいです。

 

 

スロージギングリールのおすすめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「スロージギングのジグの重さやカラーなど

ホーム