スロージギングロッド(タックル)のおすすめ

スロージギングロッド(タックル)のおすすめ

スロージギングロッド(タックル)の選び方

スロージギングロッド(タックル)の選び方についてご紹介しています。

 

スロージギングロッドは、ジギングロッドと同じ、あるいは同じようなロッドを選べばよいのでと考える人がいるかもしれません。

 

しかし、スロージギングはジギングとは釣り方がまったく異なります。

 

そのため、使用するロッドもまったく異なったタイプのものが好ましいということになります。

 

 

では、スロージギングはジギングとどのような違いがあるのでしょうか?

 

ジギングは、激しく誘いながら速めのスピードで巻くことが多いです。

 

そのため、ロッドに求められるのは、力強い誘いに耐えられるパワーと操作性です。

 

一方のスロージギングは、どちらかと言うと、パワーよりもジグを操作するための張りが重要です。

 

張りがない柔らかいロッドでは、ジグを思うように操作できないためです。

 

 

また、狙う水深に応じて、ロッドは変わります。

 

そのため、中深海(250〜350m)や深々海(400〜500m以上)での釣りを考えている人は慎重にロッドを選ばないといけません。

 

 

スロージギングロッド(タックル)のおすすめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「スロージギングリール・ラインのおすすめ

ホーム