スロージギングの釣り方(やり方)

スロージギングの釣り方(やり方)

スロージギングの釣り方(やり方)についてご紹介しています。

 

スロージギングの誘い方は、普通のジギングとは必ずしも同じではありません。

 

いろいろな誘い方があるので、何とも言いようがない部分もあります。

 

ただ、“スロー”という言葉が付いていても、必ずしもゆっくり巻いて誘うわけではないということに注意しなければなりません。

 

多くの人が、ゆっくりとアクションさせるものだと思い込んでいます。

 

 

ここでは、たくさんある誘い方の中で、主な2つについてご説明します。

 

1つ目は、「スローピッチジャーク」です。

 

まず、仕掛けを着底させ、軽くジャークします。

 

この時、スロージギング用のジグは横に跳ねます。

 

そのまま何もせずに、ゆっくりとジグをフォールさせます。

 

 

この後、1回シャクッてはリールを1/2〜1/6回転巻きます。

 

そして、ジグをフォールさせて、またシャクリを入れます。

 

この繰り返しになります。

 

 

基本は、底から10mを探ります。

 

底から10mまで上がれば、また着底させます。

 

1回シャクッてはフォールさせますので、比較的10mの中で何度も誘いを入れられます。

 

この誘い方の中で重要なのは、ゆっくりとフォールさせることです。

 

スロージギング

 

スポンサーリンク

 

 

もう1つの誘い方は、大きなフォールで食わせる誘い方です。

 

「スローピッチジャーク」よりも、大きくシャクリあげて、フォールさせます。

 

魚は、フォールしてくるものに強い関心を持ちます。

 

その習性を利用して食わせるというものです。

 

 

まず、仕掛けを着底させます。

 

その後、大きくシャクリ上げて、フォールさせます。

 

大きくシャクリ上げた分、長めにフォールさせてもよいです。

 

フォールは、テンションフォール(ラインを張った状態で沈める)でも、フリーフォール(ラインを張らずに沈める)でも構いません。

 

シャクリ上げる距離やフォールさせる距離を、いろいろと変えてみるとよいです。

 

後は、この繰り返しです。

 

スロージギング

 

 

上の2つの誘い方を組み合わせてもよいです。

 

ただ、対象魚などによって誘い方は変わってくるので、これらの誘い方が必ずしもよいとは言えません。

 

まずは、船長の指示に従いましょう。

 

その後、いろいろと自分なりにアレンジしてみるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「マイクロジギングの仕掛け(ジグなど)!マイクロジギングとは?

ホーム