スーパーライトショアジギングの仕掛け(ロッド・リール・リーダーなど)

スーパーライトショアジギングの仕掛け(ロッド・リール・リーダーなど)

スーパーライトショアジギングの仕掛け(ロッド・リール・リーダーなど)についてご紹介しています。

 

スーパーライトショアジギングとは言っても、基本的な仕掛けはライトショアジギングとそれほど変わりません。

 

より手軽に行えるようになっただけです。

 

 

スーパーライトショアジギングの仕掛けは、次のとおりです。

 

スーパーライトショアジギング 仕掛け

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="4923844263"
data-ad-format="link">

 

 

ロッド

スーパーライトショアジギングロッドがおすすめです。

 

しかし、必ずしも専用ロッドでなくてもよいです。

 

その理由として、まだまだ専用ロッドの数が少ないことと、軽いメタルジグを使っての釣りなので、代用できるロッドが多いことを挙げることができます。

 

よく代用されているのが、シーバスロッドエギングロッドです。

 

 

個人的には、シーバスロッドがよいように思います。

 

シーバスロッドは、大型が食ってきても釣り上げられるようになっています。

 

スーパーライトショアジギングも、思いもしないような大型青物などが食ってくることがあります。

 

そのような場合、シーバスロッドなら安心してやり取りできます。

 

もちろん、エギングロッドでも可能ではありますが。

 

長さは、9フィート前後がよいです。

 

 

 

 

 

リール

キャストしますので、スピニングリールを使います。

 

サイズは、2500番がおすすめです。

 

当然ですが、必要なラインを巻けるだけのキャパが必要です。(ラインについては下を参照!)

 

ドラグ性能の優れたリールを選ぶと間違いありません。

 

 

 

 

ライン

ラインには、PEを使います。

 

0.6〜0.8号がおすすめです。

 

念のため、200mぐらい巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーには、フロロカーボンの2〜3号を使います。

 

1.5〜2mほどでよいです。

 

 

メタルジグ

メタルジグは、15〜20gをメインに使います。

 

潮の速さなどによって、使用する重さが変わります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「スーパーライトショアジギングの釣り方とポイント

ホーム