スーパーライトショアジギングの釣り方とポイント

スーパーライトショアジギングの釣り方とポイント

スーパーライトショアジギングの釣り方についてご紹介しています。

 

最初に、スーパーライトショアジギングのポイントについてです。

 

基本的には、底からシャクり上げてフォールで食わせます。

 

そのため、ある程度の水深がないと厳しいです。

 

後は、ベイトが回遊するかどうかです。

 

ベイトが回遊しないようなポイントでは、狙うような魚があまりいないかもしれません。

 

水深のある、ベイトがいるポイントが理想的です。

 

ただ、潮があまりにも速すぎると、軽いメタルジグで行うスーパーライトショアジギングは不向きです。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="4923844263"
data-ad-format="link">

 

 

スーパーライトショアジギングの釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底すれば、すぐに誘い始めます。

 

 

基本的な誘い方は、2つあります。

 

1つは、ただ巻きです。

 

ただ巻きをした後に、フォールさせます。

 

着底すれば、再度ただ巻きです。

 

これを繰り返します。

 

 

もう1つは、リフト&フォールです。

 

2〜3回シャクり上げて、その後にフォールさせます。

 

着底すれば、再度リフト&フォールです。

 

これを繰り返します。

 

 

フォールの時に食ってくることが多いです。

 

フォールは、フリーフォールよりもテンションフォールの方が当たりがわかりやすいです。

 

  • フリーフォール・・・ラインを張らない状態で沈めること
  • テンションフォール・・・ラインを張った状態で沈めること

 

 

ただ巻きやシャクリ上げの速さは、ターゲットによって変えます。

 

例:青物なら速い、ロックフィッシュならゆっくりなど。

 

 

狙うレンジも、ターゲットによって変えます。

 

例:青物なら底から中層まで、ロックフィッシュなら底付近など。

 

 

ナブラが発生している場合、ナブラよりも沖にキャストして、ナブラの近くの表層を引いてきます。

 

間違っても、ナブラに直接キャストしないようにします。

 

直接キャストすると、魚が散ってしまうためです。

 

 

当たりがなければ、幅広く探る必要があります。

 

ジグを交換するのも効果的です。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ウルトラライトショアジギングの仕掛け(タックル)【ジグサビキ】

ホーム