タチウオ(太刀魚)のジギング仕掛けと釣り方

タチウオ(太刀魚)のジギング仕掛けと釣り方

タチウオ(太刀魚)のジギング仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

タチウオ釣りでは、テンヤ仕掛け(関西)やテンビン仕掛け(関東)が人気となっています。

 

最近は、ジギングでタチウオ釣りをする人が増えてきています。

 

ここで扱うのは、船でのジギングです。

 

 

タチウオ(太刀魚)のジギング仕掛け

タチウオのジギング仕掛けは、次のとおりです。

 

太刀魚 ジギング 仕掛け

 

仕掛けは、非常にシンプルです。

 

 

タチウオジギングロッドの詳細はこちらを!

 

タチウオジギングリール・ラインの詳細はこちらを!

 

 

ラインにPEを使用しますので、フロロカーボンのリーダーを用意します。

 

フロロカーボンは5号〜8号で、2〜4ヒロにします。

 

ワイヤーリーダーを使用する人がいますが、個人的には食いが落ちるのでおすすめしません。

 

 

60〜160gのメタルジグを使います。

 

もちろん、場所や状況によっては、もっと重いメタルジグを使うこともあります。

 

臨機応変に対応しなければなりません。

 

メタルジグの重さは、“m数=ジグの重さ”で考えるとよいです。

 

あくまで目安ですが。

 

カラーは、ピンク系やゴールド系、シルバー系がよいと言われています。

 

光量が少ない時は、シルバー系ではなくゴールド系を使うとよいです。

 

どのカラーがよいのかは日によって異なりますので、できるだけいろいろなカラーを準備しておくのが望ましいです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

タチウオ(太刀魚)のジギングによる釣り方

タチウオのジギングによる釣り方についてご紹介しています。

 

ジギングでの誘い方にはいくつかあります。

 

基本は、ワンピッチジャークです。

 

1回シャクッてリールを1回転巻く誘い方です。

 

速度はゆっくりがよいです。

 

速すぎると、タチウオの食いがあまりよくありません。

 

食いがよい時は、速く誘った方がよいこともあります。

 

ワンピッチジャークでずっと誘い続けるより、たまに止めてやるとよいです。

 

 

ゆっくりのただ巻きで誘うのもよいです。

 

テンヤ釣りでも、ただ巻きでよく釣れます。

 

タチウオ釣りには、ただ巻きがよいのかもしれません。

 

 

他にも、いろいろな誘い方があります。

 

小刻みに仕掛けを上下させるなど、釣れない時ほど工夫することが大切です。

 

周りで釣っている人がいれば、マネをしてみるとよいです。

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「タチウオ(太刀魚)のジギングロッド(タックル)のおすすめ

ホーム