ショアプラッキングでのポッパー・ミノーなどでの釣り方

ショアプラッキングでのポッパー・ミノーなどでの釣り方

ショアプラッキングの釣り方についてご紹介しています。

 

ショアプラッキングで使用するプラグの種類はたくさんあります。

 

プラグによって、誘い方や狙うレンジが変わってきます。

 

人気のあるプラグの釣り方について解説していきます。

 

 

ポッパーの使い方

ポッパーは、ベイトが表層を泳いでいる時魚の活性が高い時におすすめのルアーです。

 

ポッパーは、音と水しぶきで魚に大きくアピールすることができます。

 

そのため、スレやすいので注意が必要です。

 

音でアピールしたい時は、ロッドをあおって水に突っ込ませるように動かします。

 

水しぶきでアピールしたい時は、ロッドを小刻みに動かしてバブルのトンネルを作るようにします。

 

基本的には、上のアクションで引いてくるだけです。

 

 

 

ミノーの使い方

ミノーとは、飛距離が出て、レンジキープ力に優れているルアーです。

 

ミノーをキャストした後、狙いのレンジまで沈めます。

 

表層付近を狙う場合はすぐに巻き始めます。

 

基本的には、ただ巻きで引いてきます。

 

たまにロッドをあおって、単調な誘いにならないようにします。

 

巻いてくる速さに変化を付けてアピールします。

 

速く巻くことで食い気がアップすることもあります。

 

 

 

ダイビングペンシルの使い方

ダイビングペンシルとは、誘いをかけるとダイブするルアーです。

 

基本的な誘い方に、ほうき引きと言われるものがあります。

 

竿を下げてラインを引いた時にリールを巻きます。

 

ほうきで掃くようにストロークさせます。

 

ジャークトゥイッチでもOKです。

 

 

 

同じプラグばかりを使っていると、魚がスレてくるので、プラグを交換するとよいです。

 

例えば、ペンシルベイトでやった後に、ミノーに変えてみるなど。

 

ベイトが見られるのなら、ポッパーで引いてくるものも面白いです。

 

アクションについても同じです。

 

毎回同じでは、すぐに見切られてしまいます。

 

いろいろ工夫する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次へ 「ダイビングポッパーで青物を釣り分ける!仕掛けと釣り方

ホーム